国民文化研究所



『二〇世紀日本の天皇と君主制』伊藤 之雄編 吉川弘文館刊 \8,000

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?bibid=02419521&aid=ex

わたくしども、日本國民たるものは、萬世一系の天皇を宗家と仰ぐ萬邦無比の國體を有せることを、無上の慶びと感じ、もつて皇家の彌榮を常に祈り勵まなければならないのであります。

ということが当然書いてあるわけもなく、いろいろな問題を含みながら、日本天皇は現在も現存中世界最長王権の名をほしいままにしているのであります。はやく、エチオピアに王政が復活しないかなぁと私かに心待ちしているのは、臣子としてあるまじきコトなのかもしれませんが、まぁ、おもしろいからいいじゃないですか。
[PR]
by kokuminbunka | 2004-07-21 08:35
<< 『近代日本と仏蘭西』三浦 信孝... 『となりのコリアン』在日コリア... >>

だらだら思想研究……国民文化をスノッブかつペダンティックに研究しております。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31