国民文化研究所



天長節を言祝ぐ

ステキな天長節をお過ごしでしょうか。クリスマスイブイブとか抜かしている方はおられませんでしょうか。会ったこともない神様よりも、現人神について思いを馳せた方が、いろいろな意味で面白いと思います。

そこで、この新刊です。

近代天皇制と国民国家――両性関係を軸として/早川紀代

天皇・国民国家・性という三題噺がどうなるのかと仲々に興味のそそられるところではあります。
[PR]
by kokuminbunka | 2005-12-23 09:35 | 哲学思想系著作 きょうの新刊
<< 戦艦入門 開戦の詔書 大日本帝国憲法・教... >>

だらだら思想研究……国民文化をスノッブかつペダンティックに研究しております。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31