国民文化研究所



シャウプ勧告に帰れ

またぞろ、扇情的なタイトルでありますが、なんのこたぁない消費税総額表示に伴うおはなしであります。

端数の切り捨てor四捨五入によって、総額表示と実際に支払う金額との齟齬が発生しているということは、以前から存じておりましたが、先日、Shop 99で、商品を一つ購入しましたら、99円に消費税で103円だったんですね。ところが、2つですと、207円じゃぁないですか。

おいおい、ちょっとまてどういう計算になっているんだ?

そう思ったわけですよ、家計(世帯主1のみ)を預かる当方と致しましては、そこのところが妙に気になり、家に帰るなり、エクセルで、ほとんど使いもしないROUND函数なんか使って、計算してみましたよ。

その結果が以下です。

個数     単価      実払い     理想値     差額
1        99        103        103        0
2        198       207        206        1
3        297       311        309        2
4        396       415        412        3
5        495       519        515        4
6        594       623        618        5
7        693       727        721        6
8        792       831        824        7
9        891       935        927        8
10       990       1039       1030       9
11       1089      1143       1133       10
12       1188      1247       1236       11
13       1287      1351       1339       12
14       1386      1455       1442       13
15       1485      1559       1545       14
16       1584      1663       1648       15
17       1683      1767       1751       16
18       1782      1871       1854       17
19       1881      1975       1957       18
20       1980      2079       2060       19
:         :         :           :         :

この表から分かることは、1個買うときが一番安いということですね。個数が増えれば増えるほど、払わなければならない金額が増えるという、恐ろしい事態。

ちなみに、20個買うときに、10+10個で購入すると、それでも1円おトクです。

まぁ、一つ一つ勘定させる手間と強い心臓が必要なんですがね。

なんか所帯じみてきました。どこが思想なんだ、っていうか史的唯物論(=経済主義)万歳。>オイ
[PR]
by kokuminbunka | 2005-04-30 19:18
<< 無能偕楽運動の方向転換 亡命劇 >>

だらだら思想研究……国民文化をスノッブかつペダンティックに研究しております。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30