国民文化研究所



『ニート フリーターでもなく失業者でもなく』玄田 有史・曲沼 美恵著 ¥1,575 (¥1,500)

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?bibid=02460212&aid=ex(別窓で)


その昔、DINKSということばがはやりました。

Double Income No Kidsということなのですが、80年代あたりの「共稼ぎ・子供なし」の夫婦のことだそうです。当時は当時でいろいろ批判もされ、論議になったわけですが、なんですか、NEET( Not in education,employment,or training)ですか。これに比べればずいぶん前向きだったなぁと思わなくもなく。

そういう捉え方自体がこの本にとっては、迷惑千万なのでしょうが、今日も時間がなく、オチもなく終わります。

二三日で帰ってきます。
[PR]
by kokuminbunka | 2004-07-31 07:28
<< 『多民族国家ソ連の興亡 1 民... 『イデア 美と芸術の理論のため... >>

だらだら思想研究……国民文化をスノッブかつペダンティックに研究しております。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30