国民文化研究所



中国語で考えるんだ、中国語で!

こういうお話しがありました。

米国の鳥よけ装置効かず、鳴き声を“中国語”に変更

なるほど、そういうこともあるんですねぇ。さすが共産圏は違いますね。これがスターリン言語学というヤツなんでしょうか。――って、ほんと全然違いますから。たぶん、生態系的に天敵の内容が違うのではないかと思うわけですよ。

今回のタイトルに、今ひとつまだピンと来られていない方は、この映画でも見てください。
[PR]
by kokuminbunka | 2005-03-27 12:36
<< たこ焼き最後の日 格物窮理と自然学 >>

だらだら思想研究……国民文化をスノッブかつペダンティックに研究しております。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31